禁煙を成功させるために

当サイトの管理人も若い頃から喫煙をしていましたが、当時は相当なヘビースモーカーでした。ですが昨今の禁煙の風潮で風当たりが強くなり、自分自身の健康を考えて必死に禁煙に取り組みました。こちらでは私が知った禁煙についてのことを解説します。

47日目から苦しくなる禁煙は目標を刻みこむ

喫煙は、吸い始めて間もない頃であれば、ニコチンの影響をあまり受けていないので、禁煙しやすいと言われています。
基準になるのは、47日目とされており、48日目以降は体内においてニコチンの量が増えるため、禁煙が難しくなるとされています。
喫煙は、肺がんや肺炎を引き起こすということが知られていますが、女性の場合はさらに美容面でも弊害になることがあります。
美容面で弊害になる部位をイメージすると、肌が考えられますが、実は肌のように内面的な事柄のみならず、外面的な美しさが損なわれる事案もあります。
それは、歯茎が黒くなってしまうことです。
口周りの汚れというのは、相手に与える印象を極めて低くしてしまいます。
そのため、第一印象が悪いものになります。
そして、喫煙することにより、体内に一酸化炭素が増加してしまうことも、悪影響の一因です。
身体の中で一酸化炭素が増えてしまうと、少々の運動でも息切れが生じてしまいます。
階段などでも息切れが生じてしまうので、身のこなしが悪くなってしまいます。
禁煙することにより、苦しさが改善されるので、円滑に有酸素運動を行うことが可能になり、ダイエットにも挑戦しやすくなります。
禁煙にチャレンジする際、大切になるのは長い目で計画しないということです。
長期的なプランを考えてしまうと、挫折してしまう可能性が高まるのです。
そこで、好ましいのは細かく刻み込んで計画するということです。
目標を達成するための敷居が低くなると、挫折せずに禁煙を継続させられます。
近年では、禁煙に意志の強さは関係無いと言われることがありますが、意志の強さは大いに関与してます。
一人で努力せずに、禁煙外来などにお世話になることも計画してみましょう。