禁煙を成功させるために

当サイトの管理人も若い頃から喫煙をしていましたが、当時は相当なヘビースモーカーでした。ですが昨今の禁煙の風潮で風当たりが強くなり、自分自身の健康を考えて必死に禁煙に取り組みました。こちらでは私が知った禁煙についてのことを解説します。

禁煙は補助剤の使用がおすすめ

煙草は、1日の中のルーティンとして吸うという場合が多いのですが、気持ちなどに何らかの変化が生じた時に吸いたくなるという場合もあります。
つまり、禁煙する時は、吸いたくなる変化に気付くことが重要になります。
特に多いのは、仕事中にイライラしてしまい、煙草に手を出すということです。
煙草には、イライラした気持ちを抑制させる成分が含まれているので、実際に気持ちが楽になりますが、あくまでも一時しのぎに過ぎません。
そこで、禁煙中は仕事中にイライラした場合、深呼吸を行ったりツボを刺激するといった対策に切り替えてみましょう。
次に、ついタバコに手を出してしまうタイミングとして、仕事終わりの飲み会が挙げられます。
お酒とタバコは相性が良い上に、居酒屋などでは禁煙になっていないため、周囲に喫煙している方が大勢居ます。
煙の香りなどから刺激を受け、つい禁煙が我慢できなくなるのです。
飲み会に参加しなければならない時は、非喫煙者の近くに陣取るようにすると比較的刺激を受けずに済みます。
お話好きな人の近くに着座し、お話に夢中になって凌ぐという方法も有効です。
飲み会というのは、連日行われることではないので、危険性は比較的低いのですが、連日行う行為の中で禁煙を阻害してしまう行為があります。
それは、お風呂あがりです。
お風呂あがりに禁煙していることが辛くなるのは、体内の水分が不足していることが関与しています。
そのため、入浴後すぐに水を飲むようにしましょう。
また、歯磨きを行うと口内が爽快になるので、タバコのことを連想しなくなります。
どれほど対策を講じても、何らかの要因で禁煙が失敗してしまう場合は、環境を変化させてみると良いでしょう。